カエルが風邪をひく

TERAYAMA Shizumi/ 3月 9, 2012/ へんなことわざ/ 0 comments

$こうたろ.com

おしゃれというものに、全く無頓着でした。

中学時代は、校則で坊主頭だったし(さすがに今は、こんな校則廃止された)
運動部に所属していたので、毎日が体操着。もしくは制服。

高校生になり、髪型が自由に(ロン毛や茶髪はさすがにまずいけど)なって
その時初めてヘアカタログを買い、整髪品を集め、それでも毎日が学ラン。
休日は、パジャマで過ごす、みたいな日々。

大学に通うようになって、恐らく初めてはっきりと服装を意識したのでしょう。

それでも、芝居をやっていたので、やっぱり基本ジャージ。

そしてこの時から始まる貧乏生活のおかげで
意識し始めたのはいいものの、やはり限られた安物ばかり着ていました。

まだユニクロが地方にしかなく、マイナーなブランドだった頃
なんておしゃれな洋服が地元で買えると喜び勇んで
ここから怒涛のユニクロ生活が始まりました。

無印良品なんかのデザインも好きだったのですが
元来、外見にはやっぱり無頓着な性分で、そこにお金をかける必要性を感じず
ユニクロ万歳、あとは近所のスーパーの安売り万歳で満足していたんです。

んが、同時にアジアンテイストな物品に強烈に魅かれるようになり
小物類をちょこちょこ買い集めるようになり
それでもやっぱり洋服は女性ものが多かったということもあって手が出せず。

やがて、ユニクロより安いというg・u.へ流れが加速しました。

まあね、もはやアラフォーですからね。
いつまでそんな若者ブランドの洋服を着ているんだって話ですけど
ちまたのおっさんが着ているようなポロシャツやスラックスだけは避けたいなと。

で、ようやく本題ですが
先日、某所でつぶやいた通り、100%好みのブランドを見つけてしまったんです。

「goa」という名のブランド。

メンズのホームページはここから。
ジャーン!
$こうたろ.com
ジャジャーン!!
$こうたろ.com
ジャジャジャーン!!!
$こうたろ.com
モデルさんの分は差っ引いて頂くとして、こんなデザイン待っていた。

遊牧民のイメージに、ナチュラルな素材で
スタイリッシュなビンテージカジュアルスタイルを提案
中近東、アフリカの自由な人々をテーマに、
特徴ある柄、素材をイメージした
ナチュラルリゾートカジュアル
(ホームページより抜粋)

話は飛びますが、僕の前世は遊牧民だったんじゃないかと思うほど
モンゴルの大草原に憧れというか望郷の念があって
あとやはり東南アジアを無視することはできず
さらにアフリカの大地に思いを馳せているんですね、これが。

で、そんなコンセプトを見事に体現してくれたのが、ここのブランドというわけです。
問題なのはプライスですわな。

そりゃあんた、g・u.と比べたら、何着分かかるんだよって話で
相変わらず貧乏暇なしの生活を送っている身としては
気安くはいお買い上げ、というわけにはいかないんです。

だって、買うなら、上下合わせて一つのコンセプトに統一しないとおかしいでしょ。

ということで、今年のサッカーくじの目標がまた一つ増えました。
自分で言うのもなんですが、けっこう似合うと思うんですよ。

にんっ。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>