中原に還た鹿を逐う(ちゅうげんにまたしかをおう)

TERAYAMA Shizumi/ 9月 10, 2013/ 故事成語/ 0 comments

$こうたろう.com

今さらな感じではありますが
2020年のオリンピックとパラリンピックが東京開催で決定しました。

スポーツ好きの僕としては、これを起爆剤にして
一過性のお祭り騒ぎで終わらせることなく
日本全土のスポーツ文化の底上げにつながればいいなと思っています。

あ、でも一つだけ。
この東京開催を口実に、渋谷にある「こどもの城」をつぶさないで下さい。
正確には、「青山円形劇場」を閉館にしないでください。(あと青山劇場も)

中規模クラスのキャパで、舞台が円形の劇場って、他にないですよ。
役者なら一度は立ってみたいし、演出家なら腕の見せ所。

高校球児が甲子園を目指すように
紀伊國屋ホールと並んで
若手の目標でもあり一つのステイタスでもあるわけだから。

お客として行っても、他の劇場以上にワクワクするし。
詳細はこちらのサイト↓
「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会」について

あと、福島の原発は本当に大丈夫なんですかね?
全世界に向けて、「大丈夫です」って言い切っていたけど、信憑性ないですよね。

汚染水の問題が騒がれたとたんに、オリンピックの話題がかっさらっていったし。
この国の報道機関は、誰かに操られているんじゃないのっていうタイミングでしょ。
毎度毎度のことながら。

核の脅威にさらされている地域がある一方で
首都だけが盛り上がっている。

繰り返しますが、僕は基本的にオリンピックとパラリンピックの開催には賛成です。
だけど、その影でないがしろにしてはいけない問題が山積みだということも
忘れないで欲しいなと思う次第です。

競技としてのスポーツは、スペシャリストたちが思う存分競い合えばいい。
悲しいけど、こればかりは弱肉強食の世界ですから。

でもお互いが切磋琢磨し合えば、間違いなく縦軸は伸びるでしょう。
と同時に、文化としてのスポーツがごく身近なものになって欲しいのです。
誰もが、安全に安心して身体を動かすことができる。
そういう環境を整えれば、横軸が広がっていくでしょう。

そのためのインフラ整備に7年という歳月は、決して長くありません。
これまで放ったらかしにしてきたのだから、そのツケを払わないと。

2020年を目指す子どもたち。
そしてその後を生きるであろう、これから生まれくるであろう命に
どうか、明るい希望と光が差し込みますように。

間違っても、政治利用とかやめて。
お願いだから、スポーツと政治は切り離して。
僕は、正直、マドリードになると思っていました。

だからこそ
内紛が起きた国と、原発がメルトダウンした国の違いはどこにあるのか。
選ばれたその意味を噛みしめて。

今回の開催に関わった政治家さんたちが
7年後も第一線で活躍している保障はないのだから。

じゃあ誰が責任取るのかって話になってきますよね。
その行方をしっかりと見届けたいと思います。

そして7年後、純粋に平和の祭典を楽しめますように。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>