SHIMIZU Kotaro/ 9月 1, 2013/ 落語/ 2 comments

$こうたろう.com

セックスレスの夫婦が増えているという雑誌がある一方で
できちゃった婚が後を絶たたず
でもって、出生率は毎年のように下がっていると。

いったいどの情報を信じていいのやらってな感じです。

淋しさゆえに、快楽だけを求めむさぼりあうようなセックスもあれば
極上のコミュニケーションツールだと言う学者もいて
僕は、その両方だろうと思っているのですが
人様に迷惑をかけちゃいけないってことだけは、よく分かります。

そこが動物と人間の違いです。

なぜなら人間には理性があるからです。
「理性を超えた所に、本当のセックスがある」
なんて言われると、返答に困ってしまうんですけど
「東京島」とか観ると、本当にそうだよなあと考え込んでしまうしだいです。

えっと、別に今回のテーマはセックスではありません。
(これはこれで立派なテーマになり得ますが)
間男の話ですね。

シナリオに起こすと、こんな感じでしょうか?

○ 都内にあるマンション・室内(昼)
  新婚の夫婦が住むのに、適した広さのマンション。
  寝室にあるテーブルの上には、宅配用のピザと缶ビールが置かれてある。
  ピザを食べながら、携帯電話をいじっている秋村健人(20)。
  宅配専門のピザ屋の制服を着ている。
  部屋の片隅には、脱ぎ捨てられたサンタクロースの衣装が置いてある。
  ベッドから、下着姿の女性(30前後)が出てくる。
  缶ビールの蓋を開け、一気に半分飲み干すと、残りを健人に勧める。

健人「いやいや、バイクですし、俺」
女性「一口くらいいいじゃない」
健人「それにまだ、仕事の途中なんで」
女性「(乱れたベッドを見ながら)仕事の途中ね……あのさ、また注文したら届けてくれる? サンタさん」
健人「いつでも喜んで」

  ドアベルの音が鳴る。

男性の声「帰ったぞ」
女性「あっ、バカが帰ってきた」
健人「バカ? え? 嘘? なんで?」
女性「知らない。とりあえず逃げて、早く」
健人「ちょっと」
女性「ベランダでもどこでもいいから。早く!」

  慌てふためいて、身支度を整える健人と女性。

男性の声「おい、いるんだろ。開けてくれよ」
女性「はーい。」
健人「靴、靴」

  女性、健人より先に玄関へ走ると、健人の靴を投げ渡す。
  健人、靴を受け取り、サンタクロースの衣装を抱えると
  ベランダの窓から飛び出していく。
  健人、右足を引きずりながら、裏手から回り込み
  マンションの表に停めてあった配達用のバイクに乗りこむ。

健人「(サンタクロースの衣装を着こみながら)なんだよ。頼むよ」

  バイク、急発進していく。
  (以後、健人は常に右足を引きずっている)
(「さなぎドロップ」より抜粋)

九死に一生で事なきを得る人もいれば
元アイドルのように、現場を押さえられて最悪の結末を迎える人もいます。

この手の噺は、テレビやラジオではなかなかお目にかかれませんし
戦前の統治中においては上演禁止にもなったそうですから
やっぱり人間には、覗きという名の好奇心がついてまわるんだなあと思います。
デバガメ根性ってやつですね。

だからワイドショーがなくならないのです。
そんなに他人の私生活が気になるのかと。
自分と比較して、優越感に浸りたいのか
あるいは、敗北を認めて嫉妬の嵐で叩き潰したいのか。

ちょうど課題で読んだ、伊坂幸太郎さんの「バイバイ、ブラックバード」。
この主人公は生真面目で悪い人ではないのですが
なぜか五人の女性と同時お付き合いをしています。
つまり二股ならぬ五股なのです。

ネタバレになりますので内容には触れませんが
ご興味のある方はぜひ読んでみてください。
浮気はね、どっちに転んでもあまりいい結果にならないんじゃないかと。

ましてや不倫なんて、どつぼですもんね。
もし、このブログを読んで下さっている方の中に現在進行形の方がいましたら
どうか気を悪くしないで下さい。

できれば、軽い火遊びで終わらせておくことをお奨めします。
とりとめがなくなってきたので、今日はこれまで。


Share this Post

2 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    極上の笑えるシナリオ、有難うございました^^。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >☆ 栞 里 ☆さん
    こんばんは。
    この引用部分は(って自作ですけど)
    60分ドラマの冒頭5分くらいに出てくる場面です。
    なので、奇をてらわずあえてベタな展開にしてみました。
    こちらこそ、ありがとうございます!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>