急にアルマジロをプレゼントされる

TERAYAMA Shizumi/ 2月 6, 2012/ へんなことわざ/ 0 comments

$こうたろ.com
一番好きな日本語は何か?と問われたならば
僕は「ありがとう」という言葉を選びます。

だから、いつもこのブログを読んでくれているあなたへ。
あるいは、今日、たまたま通りかかって足を止めてくれたあなたへ。

ようこそ「こうたろ.com」へ。

そしてありがとうという言葉を贈りたいと思います。
とびっきりの感謝の気持ちを込めて。

もし、たとえば僕が明日死ぬようなことがあったら
このブログの存在はどうなるのでしょう。

誰にもIDやパスワードを教えていませんので
勝手に削除したり退会することはできません。

すると二度と更新されなくなった、このブログだけが
宙ぶらりんのまま、ネット上に残ることになります。

そして恐らくそのようなブログは
実はすでにたくさん存在するんじゃないかと思うのです。

事実、僕の友人は、ネット上の日記に
「明日から旅行に行ってきます」とコメントし
そのコメントを最後に、旅行中の事故で帰らぬ人となりました。

今でもその日記を読むことができます。
時々読み返しては、その後二度と語られなくなった言葉を
僕は必死に想像します。

穏やかで、優しくて、誰からも愛されていた友人です。
その友人が、綴ってきた言葉と、これからも綴るつもりであっただろう言葉を
一生懸命繋ぎ合わせようと試みます。

上手くいかずに、うんうんと唸っている僕を見ながら
写真の中の友人は、ただ静かに微笑んでいるのです。

微笑みながら、やはり穏やかで優しい口調で語りかけてくるのです。

オカルトやスピリチュアルの話ではなく、それが現実です。

僕はこれからも想像することを止めないだろうし
その友人と幻の会話を続けるでしょう。

こちら側の世界で、不毛な会話を繰り返すより
幻の会話を続ける方が、僕には何倍も素敵なことだと思えるのです。

宙ぶらりんになったブログは
今日もどこかで誰かが訪れてくれることを待っています。

明日は我が身かもしれません。
そう思うと、やはり「ありがとう」と言いたいのです。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>