give way to

TERAYAMA Shizumi/ 8月 6, 2013/ 英語/ 2 comments

$こうたろう.com
:We’ll never give way to such a pressure.
:I gave way to the temptation.

先日の記事で、方向音痴だの字が汚いだのと
散々自分のことをへつらって書きましたが
もう一つ、決定的な弱点がありました。

それは、本番に弱い。
ということです。

緊張したりプレッシャーに負けているつもりはないのですが
なぜだか、練習通りの結果がついてこなかったのです。

果てしなく遠い遠い昔、まだランナーだった頃
練習では、そこそこのタイムを残すのに
本番では、自己記録更新とはいかず、いつも監督に怒られていました。

専門種目は中長距離でした。
同じ種目で、1つ下の後輩に、県大会で優勝しちゃうような化物君がいまして
毎日、その化物君と競い合わされるわけですよ。

上下関係はどうでもいいとして
一個人としてはやはり意地がありましたから、負けたくないわけです。

いつもいつも、化物君の後ろ姿ばかり追いかけて走るのは悔しいのです。
もちろん練習から手を抜くなんてことはないので、化物君も本気です。
そりゃあ嫌でも記録は伸びますよね。

その記録が本番で出ないのです。

スポーツ経験者ならピンとくるかもしれませんが
心技体がそろって初めて会心のパフォーマンスとなるわけで
そこの「心」の部分で、いつも自分に負けていたのです。

だから本当の意味で最高のレースができたというのは
1年の間で数えるくらいしかなかったと記憶しています。

そして、青春のすべてを芝居に捧げた20代に突入です。
これは本番に弱いとか言っている場合じゃありません。
なにせ陸上の個人競技とは違い、集団としてのパフォーマンスですから
一人がミスを犯すと、その日の作品の出来に大きく影響してしまうのです。

「稽古で出来ないことは本番で出来ない」というのが持論でして
だからこそ普段の稽古を、これでもかってくらい繰り返し
本番で最高のパフォーマンスを発揮できるように、下準備が必要なのです。

ところがところが、芝居が他の芸術と決定的に違うのは
幕が開いて、観客の前で芝居をすると、その時初めて気がつくことがあるし
短いステージ数でも、ロングランだったとしても
1度たりとも、寸分違わずリピート再生ができないのです。

本当はね、初日と千秋楽が同じでなくては
同じお金を払って観に来てくださっているお客様には失礼な話なんですけど
どうしても同じものは出来ないのです。

それは演出都合で、台詞を足したりカットしたり
音響や照明のきっかけを変えてみたりとするからというのも原因の一つです。

もちろん稽古場と劇場の空間での誤差を踏まえた上でプランを立てます。
それでも、もっと上へもっと上へと高望みしてしまうんですなあ。

ちなみに、僕が演出をした舞台で最終的にゴーサインが出たのは
たとえば全10ステージだったとしたら、最後の7か8ステージ目くらいでした。
わははは、もう時効。

ちょっと余談ですが
最近、舞台を降板して話題になったタレントさんがいたじゃないですか。
そこへ至る過程は、まあそれぞれの思惑があったのだとしても
稽古期間が8日間というのが、芝居をなめているとしか思えないのです。

そういうスケジュールを組んだプロダクション側も
1度は引き受けた出演者側も。

ツイッターなんかで昔の芝居仲間のつぶやきを読むと
ここのくだりにたいして怒り心頭な意見がたくさんあって
みんなまっとうな精神をしていてよかったと思ったのでした。

んで、プライベートです。
普段かぶっている立場という仮面を脱ぎ捨てて、素の自分に戻る瞬間です。

実はこっちの方が難しくないですか。

素の自分に戻ると言っても
友達といる自分と、恋人といる自分では全く別人ですから。
いつからみんなこんなに役者上手になってしまったのだろう。

大人の顔色をうかがってばかりいる子どももいたりすると、もう哀れで。
自我の芽生えと同時に「演じる」自分も目覚めてしまうかもしれません。
意識的だろうと無意識だろうと、内なる自分のマインドがそうさせるのでしょう。

僕は何も演じることが悪いことだと言いたいわけではありません。
それは生きていくうえで、ある種の自己防衛本能の役割りですから
必要不可欠なんです。

ただね。
ただどこかで本当に仮面を脱ぎたくなる瞬間ってきっとあると思うのです。
それが家族の前なのか、恋人の前なのか、独りでポツンといる時なのか。

プレッシャーに屈せず、誘惑にも負けず
それでいて自分という仮面を外せる場所はあるのでしょうか?


2 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    本番に弱いのは同じです。
    緊張してるわけじゃないと思うんだけど
    練習通りには行かないの・・・
    こうたろさんの記事読んでて
    ここ同じ・・・ここも・・・って何度も思いました(。・д・。)
    ・・・。
    恋人・・・気になるっ。ぴとんも (。◕‿◕。)ゞテヘコツ

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ふーち。さん
    こんちわ。
    ねー、なんで練習通りにいかないんだろうねー。
    あるいは練習以上にできているのかもしれないよ。
    ただ本人の目標が高いから、そこに気がつかないだけで。
    ぴとん…うふふ(///∇//)
    ふーち。さんもぴとんも気になるぅ。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>