死命を制す(しめいをせいす)

TERAYAMA Shizumi/ 8月 1, 2013/ 故事成語/ 2 comments

$こうたろう.com

人間、誰しも弱みの一つや二つはありまして、とは言いますが
自分を振り返った時、これぞと思い当たる節がないなと気がつきました。

もちろん、嫌な思い出とか、振り返りたくない過去はあります。
でも、それが決定的な何かを生み出すのかと言えば
やっぱりピンとこないのです。

せいぜい不愉快になる程度で
そのことでゆすりたかりに合うようなことはないと思います。

というのも、多分、今の僕は、過去に囚われることよりも
未来を想像している時間の方が長いからかもしれません。
それも、とびきりハッピーな未来です。

オメデタイ奴と突っ込まれればそれまでですが
一時期、ふさぎ込むほど追いつめられていた圧迫感的なものはありません。

ただ、気分の浮き沈みは人より激しい方なので
ダメ―になったら、浮上するまでに時間がかかるでしょう。

そんな時に、持ちだして欲しくない話題だって、少なからずあるでしょう。
決して、汚れのない人生を歩んできたわけじゃないし
墓場まで持っていかなければならない秘密もあります。

それでも前を見据える。
根拠はないけれど、どうにかなる。
絵に描いた餅で終わらないように。

うん、がんばろう。

これまでに経験したこがないほどポジティブだ。
あれ?これはある意味躁状態なのか?そんなスイッチが入ったのか?

ま、根暗でいるよりはいいか。


2 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    初めまして^^ブログ記事拝見させて頂きました!改めて訪問させてもらい、記事を読ませて頂きます☆

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >FXの勝率を上げ続ける『漢』さん
    コメントありがとうございます。
    実のある話は出てきませんが、またお立ち寄り頂けると
    小躍りして喜びます(*^▽^*)
    よろしくお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>