愚公山を移す(ぐこうやまをうつす)

TERAYAMA Shizumi/ 4月 19, 2013/ 故事成語/ 2 comments

$こうたろう.com

白か黒か!みたいな世界でずっと生きてきて
そんな生活に疲れ果てて
人生グレーゾーンだってあるじゃないかと思ってみたのはいいけれど
サメはやっぱり泳ぎ続けないと死んじゃうんだなあと実感し
それならば、今の自分に何ができる?と自問自答する毎日です。

無鉄砲とは違います。

さすがにいい歳したおっさんですから
これでも、そこらへんの分別はつくようになりました。

人生は0点か100点のどちらかしかない、と思い込むのは若気の至りで
32点の人生があってもいいし、76点の生き方があってもいいのです。

なんてことを俯瞰できるようになり
そんな経験を踏まえた上で、改めて人生をぶつける何かを欲しています。

シナリオを書くことは、その一つです。
職業的シナリオライターになるためには
才能と、不断の努力と、そして運が大きく関わってきます。

努力したから報われるというほど甘い世界ではありませんが
努力しないと報われないことも、また事実であって
そこは我慢強く辛抱していくしかありません。

結局のところ、自分を突き動かす衝動は、興味であり好奇心です。
そこに野心が加わって、初めて納得できる道が開けてくるのです。

この「納得できる」ということが、僕の中で非常に重要なウエイトをしめています。
仕事だって、もう正社員だから安定とか守られる、なんて時代は終わるでしょう。

あと数年で、日本の雇用制度やシステムはガラッと姿を変えるはずです。
だから、そこに価値観を求めても意味がありません。

海外で、現地の人たちと、現地の言葉で芝居を作る。
そんな異文化交流ができる、グローバルな人間になりたい。

夢や憧れではなく、具体的な目標としてこれくらい高望みしておかないと
きっと時代の波に飲まれて、海のもくずと消えるでしょう。

はうあ~
世知辛い世の中だわ~

繰り返しますが、人生には白も黒も灰色もあります。
43点でも81点でもいいのです。
ただし、常に100パーセントであること。

山を切り開き道を作ることは、決して楽なことではありませんが
チャレンジしてみるだけの価値は十分あります。

挑み続ける崇高な精神があって、再びサメは泳ぎ始めるのです。


2 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    私は、正社員で働いています。でも、安定してるとも安泰だとも思ってませんよ。ほぼ手作業ですが、給料も安いです。でも、いかに質を上げて効率よくできるか考えながら働いているつもりです。もし、自分が作った物を自分が販売したら、給料ほど稼げるか?って考えると稼げてないですし、それを考えると給料安いとは言えないなぁ(笑)って思います。話がおかしくなっちゃってるけど、常に上を見て挑戦していければと思っています。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ゆきこさん
    向上心がないと、何をしても味気ないですよね。
    言うは易し、行うは難しですけど
    それでも上を向いて歩いていきましょう!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>