in short

TERAYAMA Shizumi/ 4月 7, 2013/ 英語/ 0 comments

$こうたろう.com
:In short,I don’t agree with this plan.
:The meeting ,in short,was a waste of time.

要するに、創作する動機は、人に対して興味を持つことから始まるのだ。

表現方法が、ドラマだったり音楽だったり、その違いだけだと思う。

世界の在りようを、「ワタシ」というフィルターを通して「アナタ」に伝える。
表現者の役割りは、きっとそれだけのことなんだろう。

だから当然好奇心は旺盛な方がいいし
アンテナは高く広く遠くまで届いた方がいい。

「書を捨てよ、街へ出よ」という言葉が、作家の口から出てきたことは
非常に興味深く、そして説得力を持った大きな意義のあることで
部屋にじっとこもっているだけでは、何も生み出さないという本質を
今一度、実感して肝に銘じておく必要がある。

人が人を好きになるのも同じことなのかもしれない。

相手に対して興味を持った時点で、心の扉は開かれ
あとは、どこまで深く掘り下げていくのか、ということになる。

10代の頃って、それがすごく単純なことで、簡単にジャンプすることができた。
ところが歳を重ねて、経験積んで、酸いも甘いも嚙み分けるようになると
だんだん、ジャンプすることが臆病になったり躊躇するようになってしまう。
心では求めているのに、素直になれない自分がいる。

一方的な恋は、時として暴力に近いものがあるけれど
それでも、相手に好きになって欲しかったら、自分から好きになって
世間だの空気だのと四の五の言わずに
嵐のように全力でなぎ倒すくらいの想いをぶつけてみる。

人が人を想う気持ちに、執行猶予はいらない。

あなたが笑ってくれるなら。
シンプルに勝るものはないのよ byヤイコ


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>