put off

TERAYAMA Shizumi/ 3月 24, 2013/ 英語/ 2 comments

$こうたろう.com
:The meeting was put off until next Friday.
:Don’t put off until tomorrow what you can do today.

3月22日付で、契約満了に伴い、今の職場とおさらばしてきました。

今週末に送別会を開いていただけるので、そこで本当のおさらばになります。
ありがたいことに、契約延長のお話も頂いたのですが
泣く泣く断念しました。
すべては明日のために。
なんて言いながら、さてどうしたものかと途方に暮れているんですけどね。

サッカーくじが当たるんじゃないかと、本気で期待している自分もいて
どこまでオメデタイやつなんだと思う一方
地道にハローワークに通ったりもしています。

なんと言っても芝居がやりたい、という気持ちに変わりはないのですが
残念ながら、現状ではなかなか難しい。

飛び込んじゃえよ、戻ってきなよ、と周りの友人は励ましてくれます。
体調も、ようやく落ち着いてきたので、やるなら今しかねえと思いつつ
なんだかんだで、二の足を踏んでしまっています。

興味が薄れたのではなく
別の道を歩く人生も見てみたいという欲求があるからです。
で、どうせ働くなら、自分がやりがいを見つけられる仕事がいい。
そうでないと長続きしないだろうし

そろそろ一か所に腰を落ち着けなければ、とも思っているのです。
やりたい仕事というか、適職はなんだろうと考えた結果

1)モノ書きに関する仕事。
2)児童福祉や児童教育に関する仕事。

という結論に達しました。

1)は、記者やコピーライター、編集者などです。
でもこういった仕事に中途採用されるには、実務経験がないと採用されません。

2)は、やっぱり僕は、子どもと共同作業することが好きなので
そういった方面で仕事があればいいなあと検索しています。

あ。
もちろんシナリオライターの道だって、まだまだあきらめたわけではありません。
先日、告知したゼミ仲間のシナリオが現実にドラマ化されたし
昔のゼミ仲間も、劇団を立ち上げ芝居を続けながら
映像の世界でも脚本家としてクレジットに名前が載りました。

科目履修生として大学に戻りたい気持ちもあったり。
……うーん、やりたいことだらけだなあ。

いずれにせよ、どんな道を選ぼうとも
きっちりと30代を締めくくり、来るべき40代が有意義なものになるよう
そのための準備期間というか、助走期間に充てたいです。

そしてやると決めたからには、誠心誠意取り組みたいと思います。

これ以上、人生を延期するわけにはいかないですから。


2 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    「最終特快」観ました。
    この人は、一歩、前に踏み出せたようですね。
    あなたも、頑張れ。
    後で後悔するな。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >思川桜さん
    ありがとうございます!
    頑張ります!!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>