へっつい幽霊

TERAYAMA Shizumi/ 2月 2, 2013/ 落語/ 2 comments

$こうたろう.com

つくづく自分はお金と縁がない人生なんだなと思います。

今にして思えば、実は貧乏貧乏と騒いでいた大学時代が
もっとも恵まれていたというのだから、まったくもっておかしな話です。

頻繁に財布を失くすという、極めてまぬけな状況が続いていたにも関わらず

です。

運が尽きたのは、養成所へ納める受講料をそっくり紛失した時からでしょうか。
ある種の専門学校ですから、それなりの大金です。
それをそっくり失くしてしまうという大失態。

当時、おつき合いしていた女性は、その事実を知って、さめざめと泣き崩れました。

元来、お金に対して執着心がないということもあって
仮に大金を手にしたとしても、一炊の夢で終わってしまう気がします。

豊かな生活、という意味で考えると
占いの本などには
物に恵まれた生活より、精神的充足を求める傾向にあるのだそうです。

実際、忙しくて金持ちよりは
多少貧しくても、のんびりした生活を好みますから。

とはいえ、何事にも限度があります。
使いたい時に使える、必要最低限の蓄えがないと
何をするにしても不便極まりないことには間違いなく
そういう意味では、もっとガツガツしてもいいのかなと思います。

物心両面を満たすことは簡単なことではありませんが
あまりにも偏りすぎている現状を顧みると
天秤のバランスを均等にする必要がありますね。

死んで、幽霊になってまで「お金、お金」と化けて出るのは嫌だし情けないし。

「貯金をする」
これも今年の目標にしますか。

…えっと、社会的通念に照らし合わせ時、僕は、不適応者なので
こういう当たり前の感覚ですら、自分の中では新鮮なんですね。

何をバカげたことを、思われる方もいらっしゃるでしょうが
少しずつ、日常の中の「人間力」を身につけていこうと思う次第です。


2 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    しっかりしなさいっ!
    (=`~´=)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >あこさん
    こんばんは。
    すいません。
    しっかりします(^_^;)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>