万金丹(まんきんたん)

TERAYAMA Shizumi/ 1月 15, 2013/ 落語/ 2 comments

$こうたろう.com

随分とデタラメな人生を送ってきました。

自分で言うのだから間違いない。
けれど、デタラメでもデタラメなりに生きてきたし
これからも生きていくのです。

とは言いつつ、こんなデタラメなシナリオはもう書けないけどね。
ここで成仏させてやってください。
南無。

「迷える男」

・登場人物
金子(33)医者
小池(42)サラリーマン

○ 金子心療内科クリニック・外観(昼)
  雑居ビルの一室に、「金子心療内科クリニック」と書かれた看板が下がっている。

○ 同・室内
  ヒーリングミュージックが流れている。
  デスクとイスがあり、デスクの上にはパソコンとカルテが置いてある。
  テーブルをはさんで、ゆったりと座れるソファがある。
  ソファには小池(42)が座っている。
  金子(33)、カルテから目を離し、小池に向きあう。

金子「じゃあ、お薬出しておきますから。食後に三回、飲んでください。それで様子 をみましょう」
小池「そんな簡単に終わらせると思ったら、大間違いだぞー」
金子「小池さん」
小池「ぶー。はい、ぶー。私は小池ではありません」
金子「小池和弘さん」
小池「今日から私は、しりとりマンだ。しりとりの、し」
金子「……」
小池「し・り・と・りの、しっ!」
金子「……しらす」
小池「す、す……すいか」
金子「からす」
小池「……ステレオ」
金子「お酢」
小池「また、すぅ? スイス!」
金子「すりガラス」
小池「……すぅ、強ええ」
金子「これが処方箋です。下の薬局で薬を貰って下さい」
小池「これで私が帰ると思ったら、大間違いだぞー」
金子「小池さん」
小池「ぶー。はい、ぶー。私は小池ではありません」
金子「小池和弘しりとりマンさん」
小池「ぶー。今日から私は、なぞなぞマンだ。問題。焼くことはできるのに、食べる ことができないパンってなあに?」
金子「フライパン」
小池「問題。切っても切っても、切れないものってなあに?」
金子「トランプ」
小池「問題。誰にも相手にしてもらえない果物ってなあに?」
金子「洋ナシ。次回の予約、入れておきますか?」
小池「(突然、涙ぐんで)そうなんですよ先生。会社でも用無しと言われ、家庭でも  用無しと言われ、私、居場所がないんですよ」
金子「小池さん」
小池「漫画喫茶で、時間を潰してから家に帰る虚しさ、分かりますか。一人カラオケ で、長渕と尾崎しか歌えない切なさ分かりますか」
金子「小池さん」
小池「♪賽銭箱に、百円玉投げたら、釣銭出てくる人生がいいと~」
金子「……」
小池「♪シェリ~、俺に愛される資格はあるか~」
金子「五月は、みんな気分が滅入る季節なんです。私にも経験があります。だから 心配しないでください」
小池「…先生」
金子「なんて言いましたかね。尾崎豊の曲で……♪君が教えてくれた花の名前は、街に埋もれそうな」
小池「小さな、わすれな草~。私が、そのわすれな草であります」
金子「それじゃあ、お大事になさって下さい」

 小池、ようやくソファから立ち上がり、扉へ向かう。

小池「(つぶやくように、CM調で)ビーック、ビックビック、ビックビックカメラ」
金子「(次のカルテを見ながら)一つ多いですよ」
小池「(CM調で)ヤーマダ」
金子「コジマですね」
小池「(CM調で)新製品が安い、ヤマダ電機」

 小池、ようやく診察室から出ていく。

金子「お待たせしました。斉藤さん、どうぞ」

 小池、再び現れる。

小池「ぶー。私は斉藤ではありません。今日から私は、山手線マンだ」
金子「……」

      了


2 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    こうたろうさん。こんばんは(´◡͐`)
    これ…。好きです((^ิ∀^ิ))
    続きが読みたいぐらい。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >まにまにさん
    こんばんは。
    ありがとうございます。
    でもちょっと悪ふざけが過ぎますよね、やっぱり。
    ま、色々な引き出しは持っていたいと思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>