run across

TERAYAMA Shizumi/ 1月 13, 2013/ 英語/ 0 comments

$こうたろう.com
:I can across Billy at the station last Sunday.
:I’m glad to run across you here.

もし、本当に運命というのもがあるのだとすれば
僕は、そいつに心の底から感謝しなくてはいけないし
同時に、激しく憎悪の気持ちを抱くことでしょう。

なんてことを延々と考えていると
結局は禅問答の繰り返しに陥るだけで
どこにもたどり着くことはできません。

ただし、過去の経験から学ぶことはできるのだから
同じ過ちを繰り返さないことが
過去への反省と、未来への道しるべになると思うのです。

思うのですが、どうしても同じ失敗を繰り返してしまいます。
成長がないんですなあ。
人生力が貧弱なんですなあ。

失敗から学ぶことはたくさんあるけれど
実は成功から学ぶことだってたくさんあって
どうせ同じ発見、気づきならポジティブに捉えたいものです。

出会いは偶然だったかもしれないけれど
そこから先は、自らの手で切り開いて、必然だったと思いたい。

人生、毎日が分岐点。
でも賽は投げられた。
もう後戻りはしない。

3歩進んで2歩下がってもいいじゃない。
1歩進んだことには違いないのだから。

青い汁と書いて、青春と呼びます。

ビバ、我が人生。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>