SHIMIZU Kotaro/ 5月 23, 2017/ 復刻版・四字熟語辞典/ 0 comments

船の上から水平線を見たことがあるだろうか。
僕はある。
小学生のときだ。

港を出港した船は徐々に加速していく。
さっきまで近くに見えていた陸地が遠ざかり
やがて360度パノラマのような景色に巡りあう。

昔の人が、海の先は崖になっていると信じたのもうなずける。
それほど圧倒的に、海、海、海。
ガリレオの主張も納得してもらえないわけだ。

野生のイルカの群れと出会う。
船の後をついて泳いでくる。

夜には満天の星空。
星座版もこの時ばかりは役立たず。
北極星だけを目印に昔の人は航海したというけれど
北極星を特定することすら難しい。

そして信じられないほどの流れ星。
こちらは祈る回数が増えて、得した気分。
果たしてどこまで祈りは届くことやら。

この広大な海に
勝手に国境というラインを引いてしまった
人間のあさましさ。

母なる海は誰のものでもない。
地球の財産なのだ。
(2009年8月20日)

振り返りのコメント
海はでかい。でかすぎ。
いつか俺は海に出る。そして海のような男になる。
なんて台詞を書いたことがありましたとさ。


Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>