因循姑息(いんじゅんこそく)

TERAYAMA Shizumi/ 10月 17, 2016/ 復刻版・四字熟語辞典/ 0 comments

tikyuu

デアゴスティーニ社から発売されていた
「ガンダムアクトファイル」を全巻そろえることに成功した。

ネット注文だからお金は自動引き落とし。
現物は勝手に自宅に届いていたので
購入しているという実感が湧かなかった。

全150号まで集めてみると
ざっと計算しても約10万円近く支払った計算になる。
これにはさすがに驚いた。
足掛け5年とはいえ、そんな大金をつぎ込んでいたのだ。

ガンダムの「宇宙世紀シリーズ」は
私の中のアニメナンバーワンに君臨している。

ガンダムの前にガンダムなく
ガンダムの後ろにガンダムはない
というのが私の持論だ。

ガンダムを単なる戦争アニメと割り切るなかれ。

子どもの感性対大人の常識
保守派対革新派
個人対個人

とテーマを見つけようとするならば
ミクロでもマクロでも
いくらでも戦争の意義を見出すことができる。

この中で私の最も好きな言葉の一つに
「重力に魂を引かれた人間」というフレーズがある。
いわゆる「ニュータイプ」に対して
「オールドタイプ」と言われる面々のことを指す。

シャアは人類の革新を夢見て
現実を知り
絶望して
地球を核の冬に包んでしまおうとした。

それに対抗したのがアムロであるが
アムロが当時もっとも優れたニュータイプであったことは
皮肉としかいいようがない。

21世紀も20年が過ぎた。
私の描いていた理想とはず随分遠い世界になってしまった。
オールドタイプよ、そろそろ潮時ではないだろうか。

ガンダムを見ると世界が分かる。
これはいつの時代にも当てはまる、唯一の不文律である。
(2009年8月13日)

振り返りのコメント
君の中の可能性(ニュータイプ)が目を覚ます
機動戦士ガンダムユニコーンRe:0096より
目を覚まして、おれ。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>