carry out

TERAYAMA Shizumi/ 12月 3, 2012/ 英語/ 0 comments

$こうたろ.com
:It is a good plan but hard to carry out.
:The question is how to carry it out.

遊びの約束時間に遅れてくる人を疑います。
仕事には遅れてもいいから、遊びの約束だけは守れと思います。

この辺のいい加減っぷりが、僕のいい加減な性格を如実に表しているのですが
まあ、事実だから仕方がない。

日本人は口約束が得意です。口約束というか社交辞令ってやつです。
「じゃあ、また今度」「ええ、そのうちまた」

おい、またっていつですか?
と思っても、実際は口にはしませんけどね。

口にはしないけれど、顔には出ているかもしれません。

最近でこそ丸くなったので、相手の事情をくみ取り「またね」と返事しますが
マムシのこうたろと呼ばれていた時代は(そんな時代はないけどね)
約束を守らない人を、どうして信用できようか。いやできまい。
なんて倒置法を使うくらいナーバスな時期がありました。

なぜなら、先にも書きましたが、口約束って結局は信用の問題ですから
これを簡単に覆されると、後々ややこしいことになってしまうからです。

たとえば、出演交渉してオッケーをもらった役者さんがいます。
本来ならば契約書を交わさないこちらが悪いのですが
まさか稽古初日になって、「他の舞台に出演したいので今回は辞退します」
という電話がかかってくるとは思わないじゃないですか。

こちらの売り文句や口説き方が甘かったのだから仕方ないのだけれど
歯がゆい思いはしますわな。そして地団駄踏んで悔しがりますわな。

「約束は守るためにある」なんて野暮なことは言いません。
選挙で当選した途端に、国民との約束を反故にして
平然としている大人が仕切っているような国です。
どうして子供に「ウソはつくな」なんて言えましょうか。いや言えない。

言葉遊びはいいとして。

計画や約束は実行するために交わすものであり
そこは、人対人の信用問題ですね、というお話でした。

蛇足ながら
友情を取るか、恋人を取るか、なんて問いをよく見かけますが
恋人を取る、ということを理解してくれるのが友情だろっと言ってのけた
輩がいました。

ぐうの音も出ませんでしたとさ。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>