4月1日

TERAYAMA Shizumi/ 4月 1, 2016/ 雑記/ 0 comments

すっかりご無沙汰しております。
ご無沙汰している間に、季節が一つ過ぎました。

みな様、お変わりございませんか?

お休みを頂いている間、僕は、いくつか身の回りに変化がありました。
超個人的な私事ではありますが、簡単にご報告させていただきます。

私、清水功太郎は、この度正式に婚約いたしました。
お相手は同学年の方になります。

不安定な僕の生活を、ずっと支えてきてくれた彼女です。
彼女には感謝の気持ちしかありません。

婚約に伴い、来月中には都内へ新居を構えます。
まず僕がそこで生活をし
彼女の身辺が整理できたら合流する予定です。

夏ごろをめどに、入籍できたらいいなと思っています。

今のところ、式や披露宴を行う予定はありません。
二人ともいい歳ですので、つつましくしとやかに
新しい生活を始めるつもりです。

とはいえ、まだまだ未熟者の二人ですので
今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

これまで苦労をかけてきた彼女のためにも
今後ますます気を引き締めて執筆活動に励みたいと思います。

以上、簡単ではございますが、ご報告とさせていただきます。

……という報告がいつの日かできるように
本気で気合を入れなおして新年度に臨まなければいけませんね。

年度末の大きな山場を一つ越えて、すっかり廃人になっていましたが
今日から、またバリバリ仕事をします。

見渡せば、ノンフィクションの力にフィクションが負けている。
そんな状況が続いているような気がします。

現実から目を背けることはできませんが
現実が夢を飲み込むのなら
夢が現実を飲み込むことがあっても、いいんじゃないかと思うのです。

世界の在りようを変える力はないけれど
世界の断片を切り取ることはできるかもしれません。

その切り取った断片には必ず痛みが伴いますが
現実で血が流れるよりはよほどいい。

人生はコメディなんて簡単に割り切ることができなくても
自分の中の軸を少しだけずらしてみることで
これまで気がつかなかった風景に出会えることだってあります。

表現者として、モノの作り手として
時代のある部分とある部分の点と点を結びつける
そんな役割の一端を担うことができるように精進します。

ということで、2016年度もよろしくお願いします。

……あ、後半部分は本気ですよ、一応。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>