この世にはあんたみたいな善人がたくさんいる

TERAYAMA Shizumi/ 2月 9, 2016/ 映画の名セリフ/ 1 comments

benngosi
出典:動く標的

このセリフの後に
「だから図々しい奴が勝つのさ」と続きます。

最近、最寄りの駅に聖書をコンパクトにしたような
パンフレットを配っている人たちがいます。
恐らく新興宗教の勧誘だと思われます。

勧誘と言っても、彼らは決して声を上げません。
ただニコニコとほほ笑んでいるだけです。

興味がない、と言ったらウソになります。
実際に手に取って読んでみたいという願望があります。

彼・彼女たちの信じる物語とはどんなものなか
できることなら、一度聴いてみたいと思います。

だけど、いつもあと1歩のところで躊躇してしまいます。
理由は、誰かの物語に染まることが怖いからです。

喫茶店で待ち合わせをして
あからさまに勧誘を受けたことがあります。

電話がかかってきて
露骨に選挙の応援を頼まれたこともあります。

その時に感じた、違和感が今でも残っていて
どうしてもブレーキがかかってしまうのです。

誤解してほしくないのは
彼・彼女たちを差別しているのでも区別しているのではなく
僕個人の感情の問題だということです。

誰かの用意してくれた物語にすがることは
実はとても簡単で、安心できることなんです。

それがたとえ宗教ではなくて
会社でも政治でも家族でも恋人でも同じことが言えます。

自分を支えてくれるものが何であれ
信じる力を持った人には迷いがありません。
使命感とすら感じている人だっているでしょう。

その感覚が、僕の心の中でノッキングするのです。

じゃあ、自分が信じている物語って何だろうと思います。
でも残念ながら、そこに明確な答えを当てはめることができません。
だからいつまでたってもフラフラしているです。

ただ漠然と、正直者がバカを見ない世の中になればいいなと
そんなことをぼんやり考えています。

努力すれば報われる、というのは嘘っぱちですが
努力した過程は無駄にはならないというのは本当のことです。

望んだ結果にたどり着けなかったとしても
その過程を大切にしていれば、別の道が見えてきます。

その時に、一つの道しか見えず
しかもその先が崖っぷちだとしたら
それはとても恐ろしいことです。

だから選択肢はできるだけ多い方がいい。
そのためにも、一極集中のような妄信は避けた方がいい。

これが今現在僕の中での一つの解答となっています。

でも先のことは分かりません。
もしかたしたら、信じるに足る何かを見つけるかもしれません。
覚悟決める必要が差し迫ってくる場合だってあるでしょう。

その時までは、風まかせにゆらゆらと揺られていようと思います。


1 Comment

  1. Mark!! Quick unrelated question about BSG!Unless I missed it somehow, you never went through your season 4 pretdciions and discussed how wrong you were! Is this going to be a separate post or is it abandon forever for Buffy? (Also, I'm incredibly excited about you watching Buffy!! I have an excuse to rewatch it now!)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>