過ちては即ち改むるに憚ることなかれ(あやまちてはすなわちあらたむるにはばかることなかれ)

TERAYAMA Shizumi/ 9月 21, 2012/ 故事成語/ 2 comments

$こうたろ.com

仕事で失敗したり間違いをしたりした時
僕は、とっさに「ごめんなさい」と言う癖があります。

普通は「すいません」とか「申し訳ございません」ですよね。
でも僕は、うっかりミスをした時「ごめんなさい」って言ってしまうんです。

小バカにしているとか反省してないとかではありません。
でもなぜだか「ごめんなさい」が真っ先に口をついて出てくるものだから
人によっては、不快に感じる人もいるかも知れないです。

謝れば何でも許されるわけではないし
場合によっては、大問題につながるようなことをしでかすかもしれません。

それでもやっぱり自分に非がある場合は、素直に認めるべきだと思います。
これが変なプライドが邪魔したり
立場や環境を気にしてなかったことにしてしまう。
そんな大人が多すぎます。

そのくせ、いじめ問題がどうたらとか、偉そうにほざくなと言いたいわけですよ。
今夜は。

僕は日本語の中で一番素敵だなと思う言葉は「ありがとう」だと思っていて
その次に続くのが「ごめんなさい」じゃないかとふんでいるんです。

今、領土問題を巡って、極東アジアでは大騒ぎじゃないですか。
日本人の立場からすると、言いがかりも甚だしいと感じるかもしれませんが
向こうの立場からすると、またもや日本この野郎って映るんでしょうね。

結局あの国の根底にあるのは、大日本帝国によるアジア支配なわけですが
その前にアヘン戦争だのなんだので、欧米各国にも侵略されているわけです。
でもなぜか、そっちには食いつかないで、日本にだけ敵意をむき出しにしている。

同じことは日本にだって言えます。
アジア諸国には強気のくせして、アメリカにはまったく頭が上がらない。

だって原爆を2つも落とした国ですよ。
そして未だに国内の領土に軍用基地を確保している国ですよ。

にも関わらず、最大の理解者だの訳のわからないことを言ってのける。
この辺のねじれが、僕にはいまいち納得できないのです。

だからね。
ちょっと話が大きくなりましたけど。
みんながさ、お互いに「ごめんなさい」すればいいのに。
もちろん謝って済む問題じゃないことは理解しているし
恨みに時効はないし
返ってこない命だってたくさんある。

でも。
それでもさ。

「ごめんなさい」して、そこから解決の糸口探しましょうよ。
面子や対面なんかどうでもいいじゃん。
…ってわけにはいかないんですよねえ。

某政治家さんは「有事に備えて」とか簡単に口にするけど
「有事」にしないのが政治家の務めでしょ。

大人が犯した過ちの、子どもに対するけじめでしょ。
分かっているだけでも、いじめの件数が1万を超えて
毎年3万人以上も人が自殺している国なんて
どう考えても普通じゃないです。

この国は、どこを目指していて、どこにたどり着くのでしょう。
いつの日か、「ごめんなさい」が言えて
そして「ありがとう」って言葉が増えたなら
もっともっと生きることが楽しくなるのになあ。

僕は、そうだな。

さしあたって、身近な人や大切な人に「ありがとう」って言えるようにしよう。


2 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    「ごめんなさい」と「ありがとう」が
    素直に‥そして当たり前に言える世の中
    になってほしいですね。
    子どもに教えるより、まずは私達から
    言えるようになれば‥(⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)✧
    こうたろさん。いつもありがとう✰

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >まにまにさん
    こんばんは。
    大人になればなるほど、素直になるのって難しいのかもしれないですね。
    プライドや見栄なんて、たかだか底が知れているのに。
    いつも、感想コメントを寄せてくれて、ありがとうございます。
    励みにして頑張ります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>