地球が金でできていたら、人はひと握りの泥のために命を落とすだろう

TERAYAMA Shizumi/ 5月 8, 2015/ 映画の名セリフ/ 0 comments

kinnkai

出典:悪の花園

どうにもこうにも理解できないのですが
今でも本気で原子力発電所を再稼働させたがっている人がいます。
原発の安全神話はとっくに崩壊したというのに。

安全に再稼働させるための新基準を設け
決められた基準に合格すれば、よしとするらしいのですが
それを言うなら、福島の時だって基準はあったはずなんです。

それを上回る災害が起きたからこそ「想定外」と言うのであって
どんなに新基準が厳しかろうが
人間の知恵をあっさりと超えていくものが天災です。

たとえば川内の原発が再稼働して、万が一事故が起きたら
もう「想定外」なんて言葉で片付けることはできません。
あきらかに人災ということになります。

福島の事故が直接の原因で亡くなった人の数は
年間に交通事故で亡くなった人の数より少ない。
このような意見を耳にすることがあります。

ですが

問題は、亡くなった人の数を比べる前に
10万人以上の人たちが
故郷を強制的に奪われたという事実を直視して欲しいと思うのです。

だって、明日の早朝、いきなり役人があなたの家にやってきて
「ここから出ていって下さい。しかもできるだけ遠くに」と言われて
納得できますか?

しかも帰省できる見通しすらないのです。

化石燃料による発電にだって問題があることは、百も承知です。
化石燃料は間もなく底を尽きるし、地球の温暖化現象も無視できません。

だからと言って、その代りが原発しかないというのであれば
あまりにも安直すぎる答えであって、想像力の欠片もありません。

だって、原発に頼らないで日常生活を送っている国はたくさんあるのです。
モデルケースはいくらでも見つかるはずなんです。

それらの国々とは風土や地理的条件が異なる?
というのであれば、そこを打破するための知恵を出し合うことが科学者の使命であって
原発を再稼働するための方法を模索することが、彼らの仕事ではありません。

仮想敵国を作って危険を煽り、テロ対策用に支援金を出す余裕があるのなら
そのお金を、新しい発電の仕組みを開発するための研究費に回せばいいのに。

「完全にコントロールしている」と世界中にウソをついてまで
招致にこだわったオリンピック・パラリンピックになんの意味があるのでしょうか。

東京で平和の祭典が行われること自体、僕は賛成なんです。
だけど、その土台がデタラメなのであれば、なんだかとても虚しい気分になります。

繰り返しになりますが
人間の英知を上回るものが天災であって
その天災を「想定外」という理由で片付けた場合
もはやそれは天災ではなくて人災です。

箱根が突然地震に見舞われるなんて、誰が予想しましたか?
可能性はあったかもしれませんが、ここまでの被害を予想していましたか?

お願いだから、目先の私利私欲に魂を売りとばさないで
あなた方の孫やひ孫が安心して暮らせる国作りをして下さい。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>