一陽来復(いちようらいふく)

TERAYAMA Shizumi/ 1月 31, 2015/ 復刻版・四字熟語辞典/ 0 comments

asahi

どの占いを見ても
「あなたは大器晩成です」とか
「芸術関係に進むべきでしょう」なんてことが書いてある。

芸術関係に進めることは素直に嬉しい。
嘘でもいいから励みになる。

ただ問題は、いつ「晩」が来るのかということだ。
大きな器がいつ花開くのかという話だ。

これは捨て置けない話である。

なぜなら、来年には僕もいよいよアラフォーへの仲間入りをし
いつまでもヤクザなことばかりしていられないからだ。

よしんばアラフォーで大輪が咲いたとしよう。
まだ救いがある。
40歳手前で自分の進むべき道が見えたら、あとは精進するだけだ。

ところが、70歳近くになってようやく晩成を迎えても
もはや僕はこの世にいないかもしれない。
そもそも、そんな歳まで現役でいられるわけがない。

これでも、あらかた悪いことが続いた人生だ。
そろそろ春の兆しが見えたっていいんじゃない。

(2009年7月23日)

振り返りのコメント
すっかり、ジャストでアラフォーになります。
未だ「晩」は見えません。
占いに頼らず日々精進します。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>