from scratch

TERAYAMA Shizumi/ 8月 6, 2012/ 英語/ 0 comments

$こうたろ.com
:Let’s start again from scratch.
:My father built the log house from scratch by himself.

反省はしても、後悔はしません。という言葉が好きなのですが
実際は、反省しても同じ失敗を繰り返すし
悔やんでも悔やみ切れないことの方が、圧倒的に多かったりします。

ちょうど今、オリンピックを観戦していて思うことは
スポーツ選手にとってこれほど過酷な大会はないなということです。

言うまでもなく、オリンピックは4年に1度の開催です。
だから選手たちは、自分のピークを4年かけて調整してきます。

その過程には、もちろん、出場権をかけた国内の選考予選があったりするわけで
まず、そこに標準を合わせなければいけないし
出場権を得たら、本番に向けて、もう一度メンタルからすべて調整し直します。

そしてようやく五輪本番にたどり着いて、実際に戦って、結果が出ます。
調整が上手くいけば、自分のポテンシャルを最大限に発揮できるだろうし
どこかでボタンを掛け違えってしまったら、4年間の努力が水泡に帰します。

それだけに、何大会も連続でメダルを取る選手というのは
本当に、優れたアスリートであり、スポーツの神様に愛されているなと思うのです。

だからこそ、僕らのように画面越しに応援している者は
そういった過酷な条件をクリアして、なおかつ全力で戦う姿勢に共感し
勝っても負けても惜しみない拍手を送るのでしょう。

というところで自分の話に戻りますが
当然、僕は優れたアスリートでもなんでもないので
そこまで過度なプレッシャーに押しつぶされることはありません。

でもそれは程度の問題であって
僕には僕なりのプレッシャーがあるし、それなりに戦う理由もあります。

何者でもない自分が、何者かになろうとするわけだから
チャレンジ精神を忘れずに、謙虚な気持ちで日々を送らなくてはいけません。

けれど、初心者ではあっても、素人ではないので
毎回毎回、最初からやり直ししていたのでは、いつになっても前進できません。

だからこその、反省はしても、後悔はしません。
というところへ繋がっていくのですが
ところがどっこい、現実はそう甘いものではないと。

話がルーティーンし始めたので、〆に入りますが
どんなに失敗しても、それはもう取り返しのつかないことですから
ゼロからやり直し、ではなくて、そこから何かしらを学ぶ努力をすることが必要で
それを経験値として蓄えていく術を身に着ける必要があるということです。

わたしゃ、成長しているのだろうか。

うむむむ。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>