SHIMIZU Kotaro/ 1月 17, 2015/ 復刻版・四字熟語辞典/ 0 comments

seihuku

高校時代の文化祭の出来事。

男子校だった僕らのお目当ては、近隣の女子高生。
そして女子高生も「私、女子高生だしー」と主張するかのように
必ずといっていいほど制服を着て遊びにきた。

だから僕らは、とにかくセーラー服の女性に声をかけまくった。
男子校の学校祭にも関わらず
出し物といえば、カラオケ、ねるとんの類、クイズショーなどなど
とにかくペアで楽しめるものが大半を占めており
今考えると、学校全体をあげての公然ナンパが
白昼堂々と行われていたことになる。

ここで仲良くなっておけば
次週行われる女子高祭に遊びに行く口実ができる。
これも不思議な話で
必ず男子校の一週間後に女子高祭が行われることになっていた。

そして張り切っていたのは男子だけではなく
実は女子高生も声をかけてもらいたいくて
ウズウズしていたことを
僕は見逃さなかった。

共学では味わえない、スリルと興奮の二週間。
あの時僕らは若かった。

(2009年7月22日)

振り返りのコメント
前夜祭から後夜祭まで、とにかく無茶苦茶な学校祭でした。
聞くところによると、最近はとてもおとなしくなったとか。
本当だとしたら、それはすごく淋しいなあ。


Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>