太った雄牛は殺される前に売るか殺せ

TERAYAMA Shizumi/ 7月 21, 2012/ へんなことわざ/ 2 comments

$こうたろ.com

人間関係において、いわゆる縦社会というものが苦手でした。

これでも一応、学生の間はずっと体育会系の部活に所属していたので
それはそれは、大変な思いをしたこともあります。

礼儀やけじめをつけることは、もちろん必要です。
言葉使いや態度のなっていない若者君たちを見ると、イラっとします。

でもそれと理不尽な命令や号令は別物だと思うのです。
先輩の顔色を伺いながら発言したり
納得できないまま頭を下げたりとか、それはちょっと待てよ、と。

もっと言えば、たとえ年下だろうと
ある分野に特化して、それが自分より優れているならば
そこは人ととして尊敬して当たり前ではないでしょうか。

だから、派閥とか権力争いなんてものとは無縁の世界で生きたいのです。
実際、今はかなりフリーダムにやらせてもらっていますが
1歩外に出れば、必ずついて回るものなので、面倒くさいし、うっとおしい。

じゃあ、自分が上の立場に立ったらどうなんだろう。
カリスマ無きリーダーは、いつもそのことで悩んでいました。

義務と権利がセットのように
言葉と行動が伴わないと、誰もついてきてくれません。
それじゃ、裸の王様と一緒なのです。

結果がすべての世界において、実力のある人は必ず生き残ります。
そして彼らの発する言葉には、含蓄があり説得力を伴います。

もうすぐオリンピックが始まります。
今回は、どんな名言が生まれるのか、それが楽しみの一つでもあるのです。


2 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    こーたろーくんは
    自分で思うほど
    悪くない!
    いけいけどんどーん。
    一生それでいけ。
    やりたいことだけやっていけ。
    (時々やりたいことのため稼げ!)
    わたしにとってこーたろーくんは
    そういうことを具現化してくれる
    希望の星なんだよ。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ERINさん
    わはは。
    希望の星ですか。
    笑っている場合じゃないですね。
    こりゃ、頑張らないと。
    自信ですね。
    今の僕に必要なものは。
    あの時失った自信。(どの時だ)
    それをしっかり取り戻さないと。
    あとお金(爆)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>