一顰一笑(いっぴんいっしょう)

TERAYAMA Shizumi/ 10月 22, 2014/ 復刻版・四字熟語辞典/ 0 comments

omenn

ある晩のことだ。
パソコンに向かって仕事をしていた私は
いつの間にか眠りこけていたらしい。

夜中に目が覚めて、顔を洗いに洗面所へ向かった。
なんともなしに鏡を覗いたら
飛び込んできたのは、あまりにもぶちゃいくな自分の顔。

油断していた。
すっかりノーマークだった。
完全の素の状態であった。

周りに人がいなかったことだけが不幸中の幸いである。
確かに顔で売っている役者ではないが
もはや「廃業」という選択肢しか残されていないような気がした。

能の面は実に面白い。
あれほど複雑な表情を見せるアイテムを私は知らない。

厳密には面が変化しているわけではなく
演者の表情がそのまま乗り移ったように錯覚しているだけである。

それでも面には生気が漂い
見るものを向こう側の世界へと導いてくれる。

鏡でぶちゃいくな自分の顔を発見した夜
私の頭には、次の舞台でお面をかぶろうというアイディアが浮かんだ。

ちなみに選んだものは、能面ではなく「仮面ライダー」である。

嘘のような本当の話だ。

(2009年7月15日)

振り返りのコメント
今でも、たまに油断をして鏡を覗いてしまい驚愕することがあります。
ブサイク村に生まれた宿命とはいえ、がっかりしますよ、ほんと。
寝落ちから覚めた直後は、くれぐれも要注意です。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>