たが屋

TERAYAMA Shizumi/ 9月 10, 2014/ 落語/ 0 comments

桶

またしても、デアゴスティーニから魅力的なラインナップ登場。

大映の特撮モノが復刻版として帰ってくるというじゃない。
「大魔神」とか「ガメラ」とかがさ。

ストーリーとかどうでもいいわけですよ。(ないがしろにしているつもりはない)
無駄に出てきて、無駄に暴れて、無駄に破壊して、最後は消去。

こんなに分かりやすくてシンプルな映画を
この時代に持ってくるなんて、やっぱデアゴスティーニは見どころが違う。

今のご時世はね
何十にも複雑に絡み合った人物設定とか、状況とか、まずそれありきでしょ。
深くすればドラマが生まれると思っている傾向があるじゃないですか。

否定するつもりはありませんが、というか僕もそういう勉強をしているわけですが
たまには、息抜きで娯楽作品を楽しみたい時だってあるんです。理屈抜きで。

ある人が

「少女マンガは、登場人物たちが、きちんと報告、連絡、相談をすれば
あんなにややこしい事態に陥らなくてすむ。すんなり恋が成就する。
でもそれをやると、この世から少女マンガが消える」(こんなニュアンス)

と、つぶやいていたのですが、なるほどなあと感心してしまいました。

これは僕の悪い癖なんですけど
ドラマを創る時、作者の意図で登場人物を動かそうとすると
大抵の場合、どこかで矛盾が出てきたりほころびが見えて失敗します。

筆が進む作品というのは
あまり深く考えなくても、登場人物たちが勝手に動き出すんですよ。
これ、ウソのような本当の話です。

もちろん、ドラマというだけあって
葛藤や成長の軌跡が見えないと、薄っぺらい作品という烙印を押されますが
だからといって、何でもかんでも複雑にすればいいってものでもない。

つまりは、説得力の問題ということです。

はい、話を冒頭の大映特撮に戻します。
これらの作品から、重厚な人間ドラマを見つけることはちょっと難しい。

それでも作品として成り立っているのは
圧倒的な個の力があるからなんです。

大魔神に感情移入はできなくても、共感したりカタルシスを感じることはできます。
小さな子どもが、特撮戦隊モノに憧れる原理と同じです。
(平成ライダーになると、またちょっと話がややこしくなります)

ドラマは世相を反映すると言いますが
ややこしくて面倒くさい世の中だかこそ
シンプルイズベストの選択肢もありかなと。

エヴァンゲリオンがヒットする一方で
ひたすら怪獣が暴れ回るだけの
そんな映画で心癒されるのは、僕だけでしょうか?


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>