SHIMIZU Kotaro/ 8月 24, 2014/ 死語辞典/ 0 comments

4649

我が家にも、ついに光ケーブルがやってきました。
これまでのストレスがウソのように、さくさくと動いてくれます。

しかもWi-Fiですから、スマホにも使えて一挙両得。
料金も、これまでのCATVより割引になりますから、いいことだらけ。

と、思いきや、父親が使っているPCのOSがXPで
サポート対象外だし、なぜかこのPCだけ挙動がおかしく
逆に使いづらくなったと、大不評です。

仕方がないので、休日の今日、半日かけてカスタマイズしてみました。
もう年代物ですからね。当然といえば当然なんですけどね。

なぜこのタイミングでプロバイダを乗り換えたかというと
ちょうど特別キャンペーンが行われていたこともありますし
おそらく来月発表になるであろう、iPhone6への買い替えに向けて
家庭内環境を完全にしておきたかったのです。

僕以外の家族は、光とかWi-Fiとかなんのことかさっぱり状態ですので
とにかく「月額の利用料が安くなる!」とことさら主張し、変更の許可をもらいました。

んで、メールアドレスが変わったものだから
もろもろのサイトの手続きをしなければならず
これが予想以上に面倒くさくて、かなりの手間がかかってしまいました。

一番頭を悩ませたのは、Apple関係のなんやかんやです。
どういうわけだか、登録情報の変更がまったく反映されず
無駄に時間だけを浪費して、結局サポートセンターのお世話になりました。

電話で話すこと1時間。
しかも明日の夜にならないと、状態が復旧しないということで
かなり面倒くさいことになっています。

黒家電系のあれこれは大好きなんですけど
知識と技術が時代に追いついてこなくなりました。

基本的にすべて独学ですし
数字やアルファベットの羅列をみると、眩暈すら感じるほどですから。

そういう苦手意識というか、もはやアレルギー的な末期状態にも関わらず
すべてを自分で解決しないと納得いかないんですね、性格的に。

Appleさんへの電話もできれば避けたかったのですけど
ここだけは、自力でどうにもならないことが感覚的に分かったので
むしろそういう時こそ、サポートを受けて、余計な労力を減らしていくわけです。

でも今回の一連の流れで、iMACを買うという選択肢はなくなりました。
Windowsを20年近く使い込んでいるので
たとえ互換性があるにせよ、スキルの面でストレスを感じるのはゴメンかなと。

なにはともあれ、4989(四苦八苦)したおかげで
どうにかワンダフルライフを送れるようになりました。

あとは、まだ眠っているであろうパフォーマンスを
存分に使いこなせるようになれば、言うことなしなんですけどね。


Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>