weed out

TERAYAMA Shizumi/ 6月 8, 2012/ 英語/ 0 comments

$こうたろ.com
:First of all,let’s weed out the unnecessary documents.
:Do you know how to weed out spam?

たとえばこのブログにしてもそうなんだけど
ついつい余計なものをダラダラと引っ張ってしまう傾向があります。

長ければいいってもんじゃなくて
適切で、なお的確で、要領よくコンパクトにまとめないと。

自分にとっては必要だと思うから、形にして残しておく。
書くことがないと嘆くよりは、書くことがあるならそれにこしたことはありません。

ただこれが職業的作家になると話は別で(あくまでも僕は素人ですけど)
読み手を意識した時に、必要であればそぎ落としという作業が必要になります。

文章に限ったことじゃないですね。
芝居を創っていても、本番直前で(ひどい時は本番中に)
あるシーンカットすることがありました。

稽古中に気がつけよという話なんですが
なかなかどうして、この判断が難しいんですよ。

余計なモノといえば、体脂肪もそう。
お腹周りの肉とか消えてなくなれと思います。

あと、どうでもいい記憶とか。
どうでもよくないから、ずっと心に引っかかっているのは分かります。

でもね、思い出に浸っていても前に進めないし。
記憶は逃げ場所じゃないし。
と、自戒の意味を込めて。

とはいえ、なんでもかんでもスリム化することがいいかと言えば
実はそうでもなかったりします。

効率化も必要だけど、一見、無駄と思える時間も必要なんです。
本当に大切なものは、無駄と無駄を積み重ねて
それらをすくい上げた、手のひらからこぼれたものの中にあると思っています。

何を捨てて、何を拾うかはその人のセンスです。
たわいもない一言をずっと心に留め置くこともあれば
肝心の話の内容が伝わっていなかったりすることもあります。

人間には、自分でキープできるだけのキャパがありますから
それを超えた場合に、一体自分はどれを選択するのでしょうか。

今のところ、結果が裏目裏目に出ているように思えて仕方ないので
もう少し、慎重にジャッジできる教養があればいいんですけどね。

不器用な自分が恨めしい。
人生、なかなかどうして、手強いです。

ニン。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>