まずは女房に尋ね、それに逆らうべし

TERAYAMA Shizumi/ 5月 30, 2012/ へんなことわざ/ 0 comments

$こうたろ.com

「英国王のスピーチ」を観ました。

想像を遥かに上回る作品の素晴らしさに、しばし呆然。
ネタばれになるので内容には触れませんが
まだ観ていない方には、自信を持ってお奨めできる映画です。

とりあえず、日本の政治家はこれを観ろと言っておきます。

さて、唐突ではありますが、あなたには人生相談できる相手が何人いますか。
家族?友達?恋人?
この際、占い師や整体師もカウントしてくださってけっこうです。

愚痴を聞いてくれる酒飲みの相手、でもありません。
同情ではなく、冷静なアドバイスと厳しい言葉があって
それでいて、あなたの人生を豊かにしてくれる人です。

だからもし10人以上いるとしたら
それは別の角度から人生を見つめ直した方がいいかもしれません。

敬虔なクリスチャンなら、きっと1人と答えるでしょう。
その相手は、神様だからです。

宗教の話は、それだけで何日かけても語りきれないところがあるので
今日は、もう少し世俗っぽいところで、進めてみましょう。

人生のお師匠さんが欲しいといつも思っていました。
同志はいます。
ある分野に特化した先人もいます。(例えばシナリオならゼミの先生とか)

なぜなら、いつも自分の人生に自信が持てなくて
毎回毎回ターニングポイントがやってきたと大騒ぎしては
決断した結果が裏目に出てるんじゃないの?
なんて疑心暗鬼になっているからです。

もちろん答えが用意されている人生なんてあり得ないし
答えを教えてくれる人をお師匠さんとは呼びませんが
内なる声に問うた時に、勇気をくれる、そんな存在があってくれたらなと
思わずにはいられないのです。

信じる力が生きる糧となるなら
たとえ幻と言われようとも、その力を与えてくれる存在がどれだけ心強いことか。

そして僕自身も、誰かの人生において、そういう役目を引き受けるべきだと。
必要とされなくなって病んだ心は、誰かに必要とされることで癒される。
人生はいつだってフィフティーフィフティーでありたいと思うのです。

大切なことはもう一つ。
待っているだけでは何も起こりません。
こちらから積極的にアクションを起こさないと。

求めよ、されば与えられん。

今回のお題とは真逆の内容になってしまいましたが
「英国王のスピーチ」を観て、ふとそんなことを考えたのでした。

あ、結局感想というか中身に触れちゃった。
どんまい。

私たちは、喋るよりも何倍もの言葉を、声なく語って生きている。
その沈黙の言葉を聴く人が、きっとあなたの友人です。
小島慶子(ラジオパーソナリティー)


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>