fill in

TERAYAMA Shizumi/ 4月 13, 2012/ 英語/ 0 comments

$こうたろ.com
:Could you fill in your name and address on this form?
:Please fill in the blanks.

僕は正社員というものになったことがありません。

理由は単純で、30代前半まで芝居をしていたからです。
なので、シフトの融通が利くアルバイトばかり選んでいました。

実家に戻ってきてからも
臨時職員や派遣社員で、どうにかこうにかここまで来ています。

正社員として働かないのは
心のどこかで、東京へ戻って芝居をやりたいという願望があるからです。

とはいえ、年齢的にリーチがかかってきたこともあり
サッカーくじが当たるのが先か、就職するのが先か
みたいな展開になってきました。

そこで就職する際に登場するのが、履歴書と職務経歴書です。
職歴だけ上げれば、それこそきりがないので
正直なところ、いつもざっくばらんに記入していました。

アルバイトの応募の場合は、それで誤魔化すことができましたが
さすがに正社員となると、真面目に書かなければ職歴詐称にもなるし
何より書類選考に通らないと面接もしてもらえないという現実があります。

今日もハローワークでたっぷりとその必要性をレクチャーされ
だから帰り際に、思わず本屋でマニュアル本を買ってしまいました。
あれ、これって本気になったってことでしょうか。

ふうむ。

正直、自分がどんな職業に向いていて、実際何がやりたいのか
自分自身が把握しきれていないのです。

夢はある。

けれど地に足をつけた現実を見なければいけないことも、また事実。
占いなんかで適職を調べたりすると
大抵、どの占いにも、芸術関係がお奨めと書かれてあり
なおかつ大器晩成なので焦らないようにとご丁寧にコメントしてありますが
じゃあ、その晩っていつなの?という話ですよ。

ぼちぼち花開いてくれないと、つぼみのまま枯れてしまうぜ
ということになりかねません。

…そもそも占いに頼っている時点で、やる気ないですな。

二兎追うものは一兎も得ずといいますが
あれか、これか、ではなくて、あれも、これも、という道はないのでしょうか。

すべては本人の努力次第ですかね。
確かに、目の前にあるノルマをこなすだけで、プラスアルファがないもんなあ。

やれやれ。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>